fc2ブログ

笹船状態からの脱出②

アッパーマウントの時差到着と天候により、リヤから遅れること一週間、
s-IMG_7164_20220910085119e22.jpgようやく作業に着手することができた。


1日の中で晴天とスポット豪雨が入れ替わりながらの日々が続いた。
s-IMG_7157_20220910085114313.jpgおかげで田舎らしい巨大な虹に遭遇。s-IMG_7158_20220910085116e20.jpg
しかも虹の上にもう一重の虹がかかるのはs-IMG_7162.jpg初めて見た。

s-IMG_7168_20220910085123f51.jpg朝から作業を開始。当然リヤより汚損が激しい。
洗ってs-IMG_7179.jpg乾かしておく。s-IMG_7178_20220910085135b06.jpg
とにかくホイールナットをインパクトで締めすぎ!! 車載のL字スパナに乗っかってようやく緩んだ。

s-IMG_7169.jpg右のサスペンションを摘出。s-IMG_7170_2022091008512558d.jpg分解作業の開始。
スプリングコンプレッサーで締めあげる。s-IMG_7171.jpg貫通ソケット17mmでs-IMG_6987_20220910085113d06.jpg
トップのナットを緩めるとs-IMG_7172_2022091008512905e.jpgアッパーマウントが外れた。
案の定ガタガタで、s-IMG_7165_20220910085121632.jpgベアリング共々新品にする。スズキ車は特に傷むねんて・・。

サスペンション本体を引き抜くとs-IMG_7173_202209100851297c9.jpgを~を~。バンプラバー死亡。s-IMG_7174.jpg
こんなんや思てないから純正部品を頼んでへんわ~(嘆)
諦めてs-IMG_7177_20220910085134e0f.jpgそのままセット。

憂うは左側で、まずはユニットを外さんとs-IMG_7187_20220910085338390.jpgマウントに手が届かない。s-IMG_7181_2022091008514002b.jpg
そしてまた”鬼締め”してあるホイールを取り外すのに汗だく。s-IMG_7180_20220910085140489.jpg洗ふ・・・。
憂うべき部品が登場・・・・。s-IMG_7182_20220910085141d41.jpgバンプラバーは粉末状に。s-IMG_7184_202209100853368f2.jpg
まぁバンプさせることはないとは思うねんけどねぇ・・・。経年変化とは恐ろしい。

やっとの思いで2本を組み上げたらブレーキホースの固定ステーが左右逆になっており、
ここでサスの左右を間違えたことに気付いてs-IMG_7188_202209100853381c6.jpgストラットをまた外す大失態。
もうこの写真を撮る頃にはヘロヘロになっており、s-IMG_7190_20220910085339b06.jpg喜びよりも熱中症でダウンした。

翌日・・・・・
12時間寝たのでカラダの蓄熱も治まり、炎天下でのコンテナ内作業はそろそろ危険信号である。
s-IMG_7191_20220911082431ba1.jpgフェンダーの隙間から”チラ見せ”なのがよろしい。
50Kmほどは初期なじみで様子を見るが、少なくとも”ちょ、待てよ”と口を突いて出なくなった(喜)
マンホールなんかも”トントン”といなす。 フロントダイブとシーマ現象が無くなって快適になった。
ワイパーゴムも左右交換し、一通りの整備は完了。s-IMG_7192_20220911082432055.jpg1300Km走った。
あと心配なのはココだけ。s-IMG_7193_20220911082434e84.jpgベルト泣き。s-IMG_7194_20220911082437c78.jpg
『こっちが泣きたいワ』にならんようにs-IMG_7195_20220911082437b53.jpgどこかで手を入れよう。
でも暑い時期にやるのはもうやめる(泣)
関連記事

管理者にだけ表示を許可する