fc2ブログ

飛んで火に入る千頭駅。

最も忌み慎むべきハイシーズンの千頭駅へ行くという愚行が実行された。
目的はトーマスでもヒロでもエロでも上戸彩でもパーシーでもマーシーでもなく、
紛れもないs-DSCF3441.jpg「KS-2で行く灼熱の丹味」である!

前記事の通り細腕繁盛機のメンテは部品待ち、さりとて背面の2機は阻まれて出動不可、
となると”今乗れる2輪”はKS-2しかない。
そして筆者所有の動産類の中で丹味へ連れて行っていないのもまたこのKS-2だけで。

しかしこのKSを半日全開通しで走らせるのは”乗り手”に過大な負荷がかかることは
過日の愚行でわかっていることであり、それゆえ川根方面はせいぜい家山止まりとしてきた。
showPhoto.jpg『止めるんだtomigaoka、今度こそ本当に死んでしまうぞ!』
(ウルトラセブン:史上最大の侵略(後編)より)
しかし、明日は炎天のど飴ではなく曇天であり、場合によっては降雨に遭う可能性も秘めており、
多少涼しいのであれば千頭へはいつもの1.5倍の時間をみておけば着くだろうと。
勿論、丹羽さんには開店一番乗りを”予約”してある。

9時過ぎに出発。この小さい単車をスクーター以下やと思てる4輪が多いので、
s-DSCF3442.jpgできるだけ車の少ない道を選んで開けまくりで走るのを普通としている。
当然、上に見えるバイパスは走らない。s-DSCF3443.jpg
小排気量の弱点は急峻な登りが続く坂であり、s-DSCF3444.jpg4輪に煽られても平坦から下りになれば
ノーブレーキでギャンギャン言わせるのでいつの間にか消え去っていることが多い。
半面「乗り手」は振動と幅狭シートのケツ痛に終始襲われっぱなしで、s-IMG_2408_20170812221446a8f.jpg
田野口駅に着いた頃にはs-IMG_2409_20170812221454d5f.jpg白蝋病になりかけていた(笑)
自宅から85分で到達松本。なかなか優秀である。

お小水休憩も滞りなく済ませ、s-DSCF3448.jpg丹味に着いたのはs-DSCF3450.jpg11時過ぎ。
丹羽さんが出てきて、もう少し待っていてくださいねということでs-DSCF3452.jpg
離れて待つ(笑)s-DSCF3454.jpgこの背面、s-DSCF3456.jpg俗世間の喧騒(バクダンキットちゃうで)

11:17、筆者のみ入店が許された。s-DSCF3457.jpg何と史上初の「インナー暖簾入店」だった!
いつもの注文を受けてからようやく店外に暖簾がかけられた。
出来上がりまでのほんの少しの空隙にs-IMG_2414_20170812230606f9b.jpg丹味掲載最新号を拝見。
ほほぉ~s-IMG_2413_20170812230605c46.jpg「固定ファン」ねぇ・・・・。(笑)

供された逸品はs-DSCF3458.jpgそれでも寒い時期にひっそりと味わいたい。s-DSCF3459.jpg
食べ終わりと入れ替わりにバクダンキットの家族連れが大挙して押しかけてきた。
喧騒と入れ替わりの退去はハイシーズンの理想の展開である。

s-DSCF3460.jpg花火もそうやけど、s-DSCF3462.jpg少し離れた距離から眺めるのがよろしいかと。
帰りの田野口駅ではs-IMG_2415_20170812230608dd8.jpg複数の乗客から何故か手を振られ?
誰も通らない県道を往く。s-DSCF3465.jpgこれがまたレミオ路面がウェッティでs-DSCF3464.jpg
この1480円のタイヤが普段の仕返し?とばかりにスリッピーに急変。コワイわ~。
気になる場所でクルクルとs-DSCF3463.jpg向きを変えられるので楽しい。

先週来たs-DSCF3445.jpg家山=750ターボカフェを”しれっと”1周(笑)来週はココで花火がある。

この車両での旅の帰路はセブン上司の忠告が時々刻々と筆者に迫ってくる。
信号の度に立ち上がり、尻の”ビビリ”を軽減させ、両手を振って血行を促す。
カストロールからヤマハのオートルーブに替えたんが悪かったんか?どうも回り方が軽快でない。
次回から奮発することにしますかな。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する