FC2ブログ

今度は土地が売りに出される。

今度は団地の宅地が売りに出されていた。
地主も知ってるし、不動産屋も知らん人ちゃうねんけど、
s-IMG_5412 - コピー果たして売れるんかいな・・・?

この土地は筆者の土地と同じく「第2期分譲」で販売された。
買い主は(当時)小学生の子供の為に購入したと言っていた。
年に一回だけ雑草の草刈りにやって来るが、新築して2年後やったかな?
出かけているうちに草刈り機が弾いたと思われる石で営業車のガラスが割れており、
警察を呼んだり近隣の方の事情を聞いたりして草刈りが主原因やという結論に至ってんけど、
”あんたの言う証拠ないやん”と開き直られて”限りなくグレー”なまま毎年危険性を感じてきた。
自宅の改修工事では業者用の駐車場として有償貸与を聞いてみたが、
つまらん条件を付してきたのでお断りしてきた。

販売当時、ここは1438万円。
小学生が仮に1年生だったとして20年経過して現在27~30歳。
ちょうど自宅を建てても良い”お年頃”だ。
それでも「売り」に出ている。 モノゴトは思惑通りにはいけへんということか?

現在の販売価格は980万円。
建物を建てないまま土地を保有するということは固定資産税はまぁまぁな額。
課税標準=購入価額の60%程度×1.4%。
それを20年間払って980万で売却かぁ・・・・。
購入当時30代だったミナシャマが同じように歳をとるから高齢スラム化は同時にやってくると
もともと考えていた。でも土地の価値は下がらないと思っていたに違いない。

仮に今980万で購入し、2000万で新築したとして3000万近いことになる。
いわゆる”ゆとり世代”が需要世代とすると金は使わない。
今本当に不動産は<負動産>になってきている。(都会は除く)
この「結末」などを参考に、動産や様々な早期処分なども視野に入れていきたいと思ふ。
少なくとも筆者は、乗れるまで単車は乗る!なんてナンセンスな発想は既にない。
乗れる財力・環境・健康が保持できる方々が謳歌されれば良い事だ。

管理者にだけ表示を許可する