FC2ブログ

ZC71S またしても不具合(嘆)

いよいよ21万キロに達したZC71Sスイフトでまたしても警告灯が点灯。
s-IMG_5690_20181011131455316.jpg詳しくは店頭にて(マヂで)

自宅から出て1分の停止線で通称「びっくりマーク」が点灯。
この季節の点灯といいえばプロ野球のマジックと決まっているだけに
何となく気になりつつ会社で取説を。
s-IMG_5693_20181011131456924.jpg「店行って診てもらいぃな」って書いてあるわ。

早速工場へ入庫、コンサルトで診断してもらうと
「CVT ソレノイドバルブ」と出ていた。
これ、CVTの油圧の上下をコントロールする部品ですな。
#ソレノイドバルブ?・・・・R35でもあるまいし・・・・とハナシを聞くと
もうこの距離を走っているとこういう単体部品の交換では抜本的な解決には結びつかず、
結局CVTのASSY交換しかないと言ふ。 しかも工賃込で軽く25万以上(嘆)

#ASSYですか? アッシー君に送ってもらっても半額しませんやん・・・・。
KOSSYやったらこし君やけど、彼元気かいな?

などとはスーツ着ている手前とても言い出せず(大人の判断)
一旦リセットしてもろて走り続けることにした。あと半年やしね。

まぁ確かに先週あたりから高速の合流で踏んでみても回転は半クラみたいに上昇すんねんけど、
今までみたいに速度がのってこなかった。
また走り出しでFR車のような、ペラシャを通じて後輪に軸力が伝わるような一瞬のラグを感じていた。
次の三菱デボネアが来るまで我慢して乗りましょう。

管理者にだけ表示を許可する