FC2ブログ

恐るべし!高烏谷鉱泉・・・。

今回貸切でお世話になった高烏谷鉱泉、
いやいやこんな宿があったとは!s-DSC_0154.jpg侮れんなぁと。

この宿は地図上でも温泉マークが付いてんねんけど、s-IMG_9640_20181103210227651.jpg温泉ちゃいまんねん。
それをほじくり返してガタガタ言ってる温泉紹介サイトがあんねんけど、参考になれへんし。
部屋数はわずかに4。 完全に貸し切り状態となっていた。

女将さんが社交性200%に対し、厨房にいるlことが多いご主人は高倉健100%。
ただし「不器用ですから」では済まされない寡黙な料理人である。
ご主人は元Z2乗りやってんけど、修理に出してた単車屋が客の単車を勝手に売却して逮捕。
ご主人のZ2も浜松市内の単車屋でバラ売りされていたという悲しい過去があった。
そのせいなのか?タシロッティがZ2乗りであることを伝えても一切動じなかった。
「単車の話は一切しない」そんな頑なな姿勢が空気から感じられる。
筆者も60過ぎたらこういう姿勢でいこうと思った。
高速のパーキングで若かりし日々の武勇伝を語る老人には絶対にならない。

温泉ではないものの、s-IMG_9646.jpgこの施設の水源は水道水ではない。
山の水を麦飯石という効果石を通じて沸かされたお湯ではあるが湯冷めしないという。
早速濡れネズミ軍団は男女開放浴室へ向かう。
桧(かサワラ)を用いた浴室部分は真壁造に漆喰。s-IMG_9641.jpg
脱衣場も板張りというこのエリアの定番。s-IMG_9642.jpg

湯冷め防止マットをはぐって入浴するが、s-IMG_9643.jpgSASUKEや筋肉番付の前半に登場する
池の上のマットとは違うので、s-IMG_9644_20181103210232757.jpg端から端まで渡ろうとしても徒労に終わるだけである。
今回の旅ではいわゆる「かけ流し」はなかった。s-IMG_9648_201811032102353ca.jpgそれでも「塩素の湯」ではないだけマシである。
こういう顔立ちのs-IMG_9650.jpgカワサキのTシャツを見たことがある人も多いと思う(笑)

温泉ではないのに湯上りは汗が全く退かず、これが麦飯石の効果なのか?と驚きつつも
結局16:30からビールの小宴会(笑) なんとこのお宿、「一番搾り」が標準装備!
恥を忍んでメールで問い合わせて損したわ~。

18:00~別室で夕食。 岩村山荘と同じく、テーブル席で食べることができた(喜)
s-IMG_9657.jpgまずは板門店での局長級会談の記念写真から。s-IMG_9656_20181103210242d63.jpg
そしてさっきまで散々飲んでたのに、s-IMG_9660.jpgまた乾杯!

さぁここからs-IMG_9651.jpg怒涛の美味連発でっせぇ~。
s-IMG_9652.jpg馬刺しと信州サーモン。(漫才師ちゃうで、あれはトロサーモンか)
s-IMG_9654.jpg地山のきのこにs-IMG_9659.jpg上品な白和え。
上品な逸品が次から次へと供される。
s-180930-181524-IMG_7403.jpgなぜかマイク鯛さんのお吸い物やs-180930-183542-IMG_7405.jpg料理名忘れたものが次々と。
s-180930-182753-IMG_7404.jpgとかs-180930-185250-IMG_7406.jpgとかも美味しかったのは覚えている。

s-IMG_9666.jpg「鯉の予感by安全地帯」程度のナンセンスギャグで大ウケの女将さんは本当に話好きで
s-IMG_9663.jpgなかなか楽しい夕食だった。
とにかく繊細な味付けである。s-IMG_9669.jpg昨日の野趣あふれる食事の真逆やねんけど、
まぁ素材の良さを完全に生かし切ったといえる。 京都で出しても問題ないレベルである。
特にs-IMG_9664_2018110321025166b.jpgこの茶碗蒸しには完全にやられたわ~。
確かにこの料理を目当てに再訪する常連が多いことが頷きマーチ。
「来年も」ここにしようと思ふ。

食後は昨日からの疲労か達郎でいったん寝る(笑)
s-IMG_9670.jpgこれは岩村山荘で出された鮎ではありません・・・。

そして22時ころから起きだしてs-DSC_0155.jpg26時近くまで話し込んでいた。
この時間帯から台風は飯田付近に上陸しておびただしい雨!まぁとにかくミミズの太さの雨!
そして静岡県は停電になったらしい。
特にナガトス氏の川根エリアは停電の被害が甚大で、『熱帯魚が死ぬ!』・『カメレオンが死ぬ!』
『おばぁちゃんが死ぬ!』と死ね死ね団か!とツッコミたくなるようなLineが寄せられていたが
<現在伊那市です>から、どうすることもできない。
しかも停電やいうてんのにスマホの充電不可能に気付かずどんどんLineしててエエんかいな?
まぁここは社長不在の中、ナガトスグループで困難を乗り越えてほしいところです。
筆者宅も停電とのこと。フリーザーから保冷剤をすべてクーラーに移し替え、
冷食はその中へ、製氷皿はシンクの大優勝旗へ出しておくように指示して就寝。

飲みすぎか睡眠不足か、はたまた加齢によるものか?(どれも正解)
泥のような疲労が溜まっていくのを実感することができた夜だった・・・。

管理者にだけ表示を許可する