FC2ブログ

秋の乗鞍独り旅②

この道の駅:田切の里の近所に知人が良く行くという蕎麦屋があるらしい。
その初期ロット狙いがs-IMG_9772.jpg前半のヤマ場(大げさ)である。

筆者の知人が最近時々行く店なんやと。
ほんでここは調べたら浜松から移住してきた人が蕎麦屋やってるっちゅうことらしいねん。
風説では<ざるはたいしたことないけど、かけ(蕎麦)が微妙に美味しい>らしい。
ホンマかいな? ざるがイマイチでかけだけ美味しいとはどないなってんねん?ということで
s-IMG_9765.jpg初期ロット狙いでございます!s-IMG_9770.jpg

The Name is ひねもす」。s-IMG_9768.jpgひねくれたモスバーガーちゃうで!
しかもあ~た、田切産蕎麦粉十割でっせ。s-IMG_9769.jpgここに住んではるっちゅうに。
最近定番となりつつある「古民家移住」s-IMG_9771.jpg商売せぇへんかったら大きな家は不要。
入口の切り株に座って待つ→2次ロット客来店→切り株座らず離隔距離保持(笑)
s-IMG_5597.jpg”いらっしゃぁ~い”(桂三枝風に)s-IMG_5592.jpg土間で靴を脱いで上がる。
単車乗りが嫌がるシステム。
田舎の家屋にありがちなs-IMG_5594.jpg「田の字」の間取りを客席としてみた、s-IMG_5593.jpgか。
でも「ふじもり」や「梅庵」のような”使い込まれた室内”には10年かかりそうだった。

どれどれ?ミーファソラシドー♬といちびりたいのを我慢して「能書き」を拝見する。
s-IMG_5589.jpg丸抜き十割かぁ。s-IMG_5590_201811051043452eb.jpgかけは玄挽きとな!
このセットでいったれやと静かに待機。
運ばれてきたで~。s-IMG_5595_20181105104351499.jpgs-IMG_9773.jpgどないかな??

いつも食べてる蕎麦が十割細打ちということもあってか?確かに普通。
噛み応えはあるけどちょっと若い感じかな。 まぁ風説通り、つゆがね・・・。
気落ちせず、後半の真打の登場を待ちましょう。
s-IMG_9775.jpgをっ!意表を突く器で登場。s-IMG_9776.jpg
ふ~~~ん・・・・。s-IMG_9778.jpgどっかで食べた味がすんねんけどなぁ・・・・。
添えられた薬味で味の変化を楽しめってことやと思うわ。 まぁ浜松ではこのスペックはないかも。
蕎麦湯も雰囲気重視。s-IMG_9774.jpg田切産100%っちゅうことで、ね(笑)
知人の愛を感じますな(谷崎潤一郎→それ痴人ちゃうん?)
終わりに栞を読むというs-IMG_5596_20181105104353ed1.jpg逆工程はいただけませんな。
「雰囲気」とか「能書き」とか、「脱サラ」、や「移住」という単語半島で先入観をインプットしがち。
そこを「ゼロ基準」とするとすでに若干のプラスマイナス要因は付加されていてジャッヂが揺れる。
筆者の場合はそこに「価格」という物差しをあてがったみたので、もうエエかなと。

さて、さらに北上するとしましょう。

管理者にだけ表示を許可する