FC2ブログ

”戻ってきた”サイレンサー修理。

20年以上使ってきたツキギのサイレンサーのイン側修理があがってきた。
このサイレンサーも何回修理に出してs-IMG_5912_20181122111318f8b.jpg使ってることやら・・・。

内部ウールの詰め替え修理に続くインレット側の修理である。
この二つを合計すると新品のサイレンサーが買えるという下衆の勘繰りはやめる(してるやん)
s-IMG_5913_20181122111320d49.jpgリベットが大きくなったのが残念。キレイな溶接面ですな。

薄くなった差し込み部分もしっかりと規定厚。s-IMG_5914_2018112211132052e.jpg擦り減るって(嘆)
スプリングフックからフックまでを一応ピカールがけ。s-IMG_5924_20181122111322731.jpgピカール魂がムクムクと。
外周部も磨くし、s-IMG_5927_20181122111325c87.jpg全周無口で磨く!s-IMG_5929.jpgどない?s-IMG_5930.jpg

こうなると1400のサイレンサーもついでやし、磨かなアカンやんということでますます本腰。
s-IMG_5932_201811221113297d4.jpgこのサイレンサーは大きい。バンド跡が気になる!
取り出し口も上半分だけ磨いてs-IMG_5935.jpgnot磨きと比較。
溶接ミミズ跡を強調すべく?s-IMG_5936.jpg無心で磨く。s-IMG_5938_201811221113368df.jpg

このタイプのエンブレムは真鍮ではなくエッチング。s-IMG_5937_20181122111334d0c.jpgエッチングまち子先生やねん。
殆ど病気(昭和57年の流行語)s-IMG_5939.jpg自己満甚だSPL!s-IMG_5944_20181122111339dd3.jpg

例によって指は反り返り、ウエスはボロボロ、狭い場所で狭心症寸前。
でも、s-IMG_5947.jpgこの輝きをみたらまたやりたくなる。s-IMG_5948.jpg

で、来週はコレ!(笑)s-IMG_5950_20181122111343b11.jpgやれるんかいな・・・・

管理者にだけ表示を許可する