FC2ブログ

WAY of 九州―⑥

筆者がこの旅に便乗したのはこのためである。
s-IMG_0561_20181212080816c7d.jpg
これがメインテーマ(not薬師丸ひろ子)

※本稿は非常に長いので、就労前の職場での閲覧は十分ご検討ください。

昨年の記事でここの事に触れておいた。
なかなか単独で行くには費用もかかるとあって二の足を踏んでいたところに今回の企画が浮上、
こんな時にしか行けないかも、と思い、とうとう実現の運びとなったのである。
しかし筆者羨望の「水玉食堂」もまた勉強中の「公民連携」の実際の事業スキームの実例。
このメルカート3番街についての理解をせずに訪問するわけにはいかなかった。

最近世の中で良く耳にする「リノベーション」。
30年前に「リフォーム」がはびこった時と現象が重なるが中身は異なっている。
読者諸兄に単車乗りが多いと思われるので意訳した表現で例えると
リプロパーツで修理するのが「リフォーム」、他車種流用で改造してしまうのが「リノベーション」。
そして遊休不動産の3次的な活用を総称して「リノベ」と呼ぶきらいがあんねんけど、半分しか正解ちゃうね。
多くはこの3次利用の手法や表現方法に注目されているが、それはあくまでも表層のこと。
本質はそれらの表現方法を一つの「ツール」として周辺地域の活性化と賑わいを創りだすことである。
このメルカート3番街は北九州・小倉で初めて公民連携手法が実現した記念すべき事案であり、
発生して7年が経過、本当の意味で事業として成り立っているのか?賑わいはどうなのか?を
この目で確認したいというのが真意なのである。

「苅田」(かんだ)というJRの駅から181201-180215-IMG_8347.jpg日豊本線に乗る。
s-IMG_0493_2018121208060880b.jpg駅前は季節柄、s-IMG_0494_201812120806105ab.jpgイルミネーター900になっている。
18時台初便にはもっと南の駅から軍曹さんが乗車しており、s-IMG_0496_201812120806116fc.jpg先頭で合流。
単車でも車でも、在来線に少しでも乗ることは旅の変化として必要であり、地元観を感じる良い機会。

小倉の駅へ降り立つとs-IMG_0498_20181212080613345.jpg浜松なんか問題外の繁華街。
ここで再びヒデト氏とも合流してメルカートへ向かう。

日本で初めて公道上にアーケードができたs-IMG_0499_20181212080614312.jpg魚町銀天街を往く。s-IMG_0501_2018121208061690f.jpg
結構な人通りやんか。s-IMG_0502_2018121208061727b.jpgところが奥へ進むにつれ・・s-IMG_0503.jpg
s-IMG_0504_20181212080620a1b.jpg閑古鳥の鳴き声を聞けそうになってくる。s-IMG_0505_20181212080622391.jpg
商店街というのは全域大混雑という現象は難しい。s-IMG_0506_20181212080623c6b.jpg路地も整備されており、
メルカート3番街と同様に家守舎が手掛けた181201-183823-IMG_8353.jpgアーティストシェアのポポラート3。
この施設の裏手に回れば、筆者が目指す夢の聖地(笑)s-IMG_0508_20181212080626ea5.jpgメルカートが現れるのである。

この木造ビルの2階にs-IMG_0519_201812120806305b2.jpg「水玉食堂」がある。s-IMG_0515_20181212080629cf9.jpg感涙(笑)
らせん階段の下には”らしい”s-IMG_0523_201812120806345b6.jpg調度類とメニューがある。s-IMG_0522.jpg

店内でお二人に挨拶をしてs-IMG_0526.jpg奥座に陣取る。これら「野物」は本物の架構を担っている。
マスキングテープによるメニュー。s-IMG_0525_20181212080635da5.jpg黒板併設。s-IMG_0528_20181212080729efb.jpg
この光景こそ、s-IMG_0527_20181212080727119.jpg筆者羨望の聖地!s-IMG_0530_2018121208073158f.jpg水玉食器群!
こちらからも奈良で購入した水玉の茶碗を謹呈、s-IMG_0535.jpgディテールチェックの石川嬢。

まずはs-IMG_0533.jpg中高年はビールでしょうな!
s-IMG_0531_20181212080732670.jpgをっと!ハートランドのサーバーと来た!
このジョッキ(非売品)で出したかったらという理由。s-IMG_0532.jpg
何がそんなに嬉しいのか?と訝しむヒデト氏。
健康に配慮した?素朴な逸品が運ばれてくる。s-IMG_0536.jpg懐かしい感じ。
181201-195550-IMG_8379.jpgハムカツについて来るソース!s-IMG_0540.jpg徹底してるわ~(喜)
そしてメルカートのいきさつなどを真剣に話すも181201-185852-IMG_8362.jpgヒデト君にとってはs-IMG_0538_20181212080739844.jpg不思議満載。

この食器群s-IMG_0530_2018121208073158f.jpg実は割れたり欠けたりしてお客席に出せないものを展示。
実はこの下の暖簾に隠されてはいるが、実に夥しい水玉食器が格納されていた!
行く先々で何年もかかって集めたというだけあり、s-IMG_0541_20181212080742b08.jpgマニアック版連発。
s-IMG_0542.jpg知る人ぞ知るs-IMG_0543_20181212080745d50.jpg違いの共有s-IMG_0547_20181212080746eae.jpg
真剣に撮影するs-IMG_0549.jpg筆者は異常(笑)181201-184301-IMG_8360.jpg

水玉の食器について掘り下げた意見交換がされた(笑)s-IMG_0550.jpg
水玉は人を呼び寄せる効果があるらしい・・・・。
大庭嬢と石川嬢との3者合意は「ナ○コの偽物はアカンわ」ということ。
そしてその他のホーロー食器やかき氷機などは全て新品という驚きのコンシデョン。いやいや参りますわ。

結局2時間半も騒いでs-IMG_0552_201812120807511c0.jpg一般客はすぐマイク退散。s-IMG_0553_20181212080753eac.jpg
そら、s-IMG_0556_2018121208075459f.jpgこんなんさせてたら気味悪がって帰るわ~。
お二人と再会を祈念して店をあとにした。

余りの感動と酔いでらせん階段を踏み外しs-IMG_0566_201812120808170c0.jpg感涙で外が見えないs-IMG_0569_20181212080819221.jpg
(もともと擦りガラスとの噂)
いやいや、s-IMG_0558_20181212080755e52.jpgエエ店やったわ~
本のエピソードから早くも7年、ずっと経営は続いている。
そしてこれからもやっていくという強い意思を感じた。
出店のきっかけが場所や家賃であった時、これを推進した嶋田洋平さんのパワーを肌で感じた気がした。

さて!もう一軒行かねばなりませんな!!
477:Re: GPzの九州的聖地。

どこからどこへの「島流し」か?
書くと語弊があると思われる@島流し殿、その節はお世話になりました。

> そのギャップにやられました(笑)

GAPのトレーナーも持ってます。

> ココのが2~3話有るかと思ってましたがあっさりと…(^^;;

料理の味付けがあっさり」やったから、こちらも相応に料理しました。
起業騒動氏が先行記事を書いており、ある程度の同調も必要ですし・・・。

2019.01.05 09:19 tomigaokaⅢ #- URL[EDIT]
476:聖地

ミーティングでの主催しか知らないので、違うテンションが見れて嬉しかったデス(^-^)
そのギャップにやられました(笑)

ココのが2~3話有るかと思ってましたがあっさりと…(^^;;



2019.01.05 08:33 @島流し #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する