FC2ブログ

そろそろ具体的に検討する必要がある。

2年前から公言してきた「奈良へ還る道」。
筆者が予想していたよりも早い速度で状況は変わっていることを実感。
そしてそろそろ一定の方向性を決めていこうかと考えている。

自分の会社で空き家問題に取り組んでいると、自然と空き家(部屋)を眼球で追う。
2030年には自宅の両隣のどちらかが空き家になっている予測は間違いなく現実化する。
空き家が増えれば奈良での中古物件は容易く入手できる反面、今の家屋を売却するのは至難。
そこはかとなくこの「危機感」を実感している次第である。
もう「希望金額で売れる」のではなく、単に売れてくれれば良いという状況に激変してきた。

こうなると現在の自宅の売却金額を元手に奈良で住まいを購入するという計画が赤点滅。
先に奈良での住まいを60歳までに(少なからずの)借金をして購入し、
現在の自宅が売却できたらその返済に充てる、という流れになろうかと。
自宅のローンを25年にしておいて本当に良かったと思う。
当時は30年が最長やってんけど、今や最長35年!35歳で家建てたら70歳でっせ。
「毎月の返済額が家賃と同じ」とかいうおバカな営業マンに釣られて35年なんか組んだら
老後の計画などあったものではない。
あともう少しで返済のゴールは見えてきてるんで、頑張って返済することにする。

「奈良へ還る」に際し、検討しなければならないのは「住まい」と「仕事」。
その「住まい」についてはグルグルと頭が回転している状態である。
持ち家か賃貸か? マンションか戸建てか? この二つを決めないと方針が定まらない。
60歳を超えたら賃貸住宅への入居はほとんど不可能といってもよい状態である。
家賃を数年先まで現金で先払いすると申し出ても借りることは相当難しいのが現実。
となるとマンションか戸建てを購入するしかない。
一応気に留めておかねばならないのが自分の死後の「相続」。
配偶者がいない場合は佑さんと弟君に相続権が発生する。彼らに極力迷惑をかけない方法・・
それを考えて決める必要があるね。

中古マンションを購入して内部をドンガラにして今の住まいと同じ設えにリフォームする方法。
ワンドアで気楽、築年数の古い物件なら片手から売っているので改装してもそんなにかからない。
しかしご存知の通りマンションは「区分所有権」。空間に所有権があったところで価値はない。
相続するにしても価値のない、しかもマンション管理費や修繕積立金を子供に相続させても
子供もそこに住むことは考えにくく、スラム化したマンション権利を処分するのは至難だと想像。
そうなるとまだ中古の戸建てを買うほうが末代に迷惑をかけずに済むか?
戸建てであれば更地にして換金処分も可能で、換金できなくても駐車場や借地で足しにはなる。
あるいは任意売却にかけたらお荷物は降ろせる。
しかしマンションよりも戸建ては価格が高い。筆者が希望する「平屋」は奈良にはほとんど存在しない。
なぜなら奈良は大阪のベッドタウンであり、狭小立地に2~3階建てが標準仕様だからである。
マンションよりも修繕の費用がかかるのもネックである。
勝手がわからない奈良で自分で施工管理して直営施工するとしても費用はまぁまぁかかる。
今の計画所得では中古マンションしか購入できない可能性が高いことこの上ない(嘆)
希望と現実との乖離は若い頃と同じ。 違うのは安定所得の有無ということに。
#単車乗って喜んでる場合とちゃうやん・・・・。

耳の快復に時間がかかっており、いまだに単車に乗れていない。
このまま単車との距離をとってしまって「乗らない」という選択肢もあり。
「今」が楽しくなくても、筆者にとっては「将来」の方が大事。それで十分いい。
ひょっとしたら、読者諸兄とも今より距離を置くかもしれませんが、ご勘弁を!

管理者にだけ表示を許可する